祇園祭曳鉾記

 平成11年から7年間、京都の夏を飾る祇園祭

南観音山の曳き手として頑張りました。

鉾の曳き手は総勢50人です。一見、綱をただ曳いているだけのように見えますが

河原町・四条〜御池の間は坂になっており全員で力いっぱい曳かないと動きません。

そのえらい事、しんどい事、汗が滝のように流れ出ます。

でも、それが醍醐味というものです。

 

             

2001・7・17

 

屏風祭り

祇園祭の行事の一つである屏風を御披露させていただきます。

明治・大正期の日本画家 山田耕雲画

 

南観音山保存会

戻る